Welcome to our hospital

Staff

求人を考えられている方へのほさか動物病院スタッフからのメッセージ

副院長 獣医師 妹尾泰正

チームの輪を大切に新人獣医師とベテラン獣医師で診察をサポートします。

また、症例検討会、院内勉強会で情報を共有しています。研修旅行、食事会、スキーなどのレクリエーションによりコミュニケーションを取り、チーム力の向上に努めています。安心してください、初日から仲間です。

獣医師 菅沼鉄平

各獣医師・看護師が専門分野を深く追求し、個人では達成が難しい「広く深く」をスタッフ全員で目指している動物病院です。

最初の3年間は基礎をしっかり勉強し、そこで見つけた興味ある分野を掘り下げる事ができます。私は呼吸器疾患に興味があり積極的に実習やセミナーに参加し、血液ガス測定器や気管支内視鏡などの呼吸器専用機器の導入をしてもらいました。やる気があればどんな分野にも挑戦させてくれる病院です。

獣医師 栄 亮介

循環器、整形外科、腫瘍、皮膚、呼吸器、眼科、エキゾチックアニマル、いろいろな症例を学べます!

私はフェレットを飼っていることもあって、エキゾチックアニマルの分野が好きなのでセミナー参加に積極的に行っています!そのなかで、やはり犬や猫の知識も必要となってくることが多いので、ほさか動物病院では色々な症例を学ぶ機会が多く、非常に勉強になります。

獣医師 石田 夏海

ミーティングで意見交換

ほさか動物病院では獣医師間での隔たりが無くより良い方法がないかアイデアを出し合い相談する場があります。

看護師・トリマー長 坂本 郁美

看護師とトリマー両方の仕事を学ぶ事ができ、自分に合った分野を見つけるチャンス。

看護業務とトリミング業務を両方行うので、覚えることも多いのですが、その分知識や出来る事も増えとてもやりがいがあります。
トリマーとしては美容目的のトリミングだけではなく、シニアや疾患を持った動物のトリミングを経験する事ができます。
また、学会などに参加したり、院内でも接遇やホスピタリティなどのセミナーを行っているので興味あること、好きなことを見つけるチャンスがたくさんあります。

看護師 浦田 雪美

チーム医療で「看護師も治療に参加」

実感症例ごとにリハビリ担当が決まっていることにより担当動物の既往歴や手術内容についての理解を深め、より良いリハビリ方法を模索しながら実践していくことが出来ます。
また、飼い主さんへのリハビリ指導を通し、獣医師の架け橋になることも多くやりがいを感じる事が出来ます。

トリマー兼看護師 高田 遥奈

“楽しい職場”

スタッフ同士とても仲良く明るい雰囲気の職場です。獣医師、看護師関わらず解らない所はとても丁寧に教えてもらえるので、自分自身のスキルアップにもつながります。そんなほさか動物病院に一度見学に来てみてください。

【分院】さがみはらねこの病院

院長 獣医師 森本 英里可

Cat Friendly Clinicゴールドレベルにも認定されている猫専門動物病院

私もはじめは本院ほさか動物病院で小動物全般の診療を学んでいました。本院は症例数も多く、基礎をしっかり学んでいくことが出来ました。猫ちゃん専門で診療をおこなうようになり3年目ですが、最近では猫医学のセミナーや学会なども増え、積極的に参加させてもらうことができ知識を深めていくことが出来ています。分院では珍しい症例も多く本院とのカンファレンスを行いながら日々勉強しています。猫医療をもっと知りたい、深めたい方には最適な職場です。

 

フォトアルバム

応募フォーム